なかむら内科へのお問い合せ

TEL:06-6873-7751 FAX:06-6873-7752

予約制ではありません。
受付順に診察をしています。

時間 日・祝
9:00~12:00
16:00~19:00

●受付時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00

●休診日
木曜日・土曜午後
日曜日・祝日

●所在地
〒565-0874
大阪府吹田市古江台4-2-60
千里ノルテビル305
(北千里医療ビル3F)

お知らせ

2021.05.26 9月分の接種予約を受け付けます(前編)

IMG_5003

65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナワクチン接種がようやく始まりました。良かったです・・・

計算し尽くされた号令ではないようですが、少しでも早くワクチン接種が浸透すればいいなと思っています。ただ、肝心な経済活動を担っている現役世代に接種が行き渡らない限り、感染者数は減らず、緊急事態宣言頼みが続くと思います。ワクチンの供給量に目処が付いたのなら、一刻も早く現役世代にも接種始まるよう新たな号令をお願いしたいものです。

左には横浜市大、山中竹春教授の研究グループが発表されたファイザー製ワクチンの効果を載せました。素晴らしいです!2回の接種でどの変異株にも9割以上の人に中和抗体が見られました。すなわち、新たな変異株が出てこない限り、このワクチンは有効ということでしょう。

 

さて、吹田市では出来るだけ早く多くの方が接種を受けられるよう集団会場での接種を勧めています。しかし、その接種会場まで足を運ぶのが難しい高齢者がおられる現実があり、各診療所ではそうした方への配慮を考え個別接種を行うこととなりました。当院も5月10日に接種予約を図りましたが、予約できたのはお元気な高齢の方が大多数で、8月分までの予約が埋まってしまいました。そこで次回の接種予約では接種会場まで足を運ぶのが難しい方をできる限り優先させて戴きます。また前回(5月10日)は予約を求めて早朝からお越しになった多くの方でロビーが大混雑し、3密以上の状態を招いてしまいました。これはいけません。当院の甘い段取りを猛省し、次回は電話での予約申し込みのみとさせて戴きます。

予約受付の詳細は後編にてお話し致します。

2021.05.18 次回、当院の接種予約は足腰の弱い方を対象にさせて戴きます。

IMG_4993

IMG_4994

左には先日の日経新聞に載った記事の見出しをアップしています。我が国ではこの大型連休を中心とした緊急事態宣言で人流を抑えましたが新型コロナウイルス感染は抑えられませんでした。むしろ、いくつもの県に緊急事態宣言を広げざるを得ないところまで状況は悪化しています。一方、米国や英国などではワクチン接種の普及が進むにつれ感染者数は激減し、マスクなしで経済活動が再開しつつあります。羨ましい〜

この違いは何でしょう? 

ワクチン接種の普及率の差でしょうね。新しい技術を用いたワクチンに不安を抱くのは止むを得ませんが、疫学的にはワクチン接種が浸透すると新型コロナウイルスの制圧度も上がってくることを示していると思います。

日本ではまだ医療従事者の接種すら道半ばなのに、菅首相の鶴の一声で高齢者の接種を7月中に終えると謳いました。この形振り構わぬやり方の賛否は別にして、ワクチン接種の普及が早まるのは良いことと思います。現場はそれはもう大変ですが・・・

そして一刻も早く、経済活動をしている現役世代への接種を進めて欲しいものです。現役世代に接種しない限り、この悲惨な現状から脱却できないと思っています。

 

さて、当院では吹田市の集団接種会場に出かけるのが困難と思われる患者さん向けに僅かながら個別接種の段取りを立てました。吹田市の広報誌には敢えて載せず、内々に計画したつもりでしたが、お喋りな院長(小生ですが)が「当院でも接種します、予約受付は5月10日からです」と診療の内外でお話ししたため、予約開始日はどエライ3密の状態となりました。皆さんにとってはそれだけ待ちに待っていたワクチンの接種予約だったと思います。朝の早くから大勢の方がお越しになり、半数の方は8月までの予約をして帰られましたが、残りの方は予約が取れず、本当に申し訳ない思いです。一方、終わってみれば、朝早くから来院し長時間待つことができる元気な方々が予約できたということでした。予約方法を公平にと考えたやり方でしたが、肝心な足腰が弱く行動力のない高齢者にはハードルの高いやり方だったと後になって反省しています。

次回の当院での接種予約は吹田市の集団接種予約開始の後になる予定です。9月以降の接種となりますが、集団接種に行けない足腰の弱い高齢者(85歳以上か車椅子・杖歩行される人)を対象にして予約を受付けるつもりです。集団接種会場に足を運べる方は当院での接種をご遠慮ください。どう考えても集団接種枠の方が明らかに早いですから。

 

2021.05.13 今後の当院ワクチン接種の予定と最近、思うこと

先日の5月10日は当院を含む全国のあちこちでワクチン接種の予約受付がなされましたが、どこも僅かな予約数を求めて大混乱だったようです。待ちに待ったワクチン接種予約開始でしたが、肝心なワクチンそのものが圧倒的に少なく、かえって高齢者の方々の不満が募っただけでした。情けない話ですが当然の成り行きだったと思います。

菅首相は7月末までに3600万人おられる高齢者の接種を完了させると壮大なアドバルーンを上げました。なんと2ヶ月間でです。480万人いる医療従事者のワクチン接種が今年2月17日からスタートしたのですが、3ヶ月も経った今、まだ大阪府では1回目ですら39%しか接種できていません。当院スタッフもまだです。なぜならワクチンの配給が圧倒的に少ないからです。接種を受けやすい環境にいる私たちですら接種をまだ受けていないのに、5月から高齢者の接種を開始し7月に終えるなんて、どんな魔法を使うのか本当に気になります。

なるほど!厚労省健康局健康課予防接種室が6日、各都道府県衛生主菅部宛てに「5月から始まる高齢者の接種にワクチンが届かない場合があり、その場合は医療従事者用に配送されたワクチンを一時的に融通することも検討するよう」通達が出されていました。ふ〜ん、菅首相がアドバルーンを上げた手前、医療従事者への接種を遅らせてでも高齢者接種が5月から円滑に進むよう市町村に圧力を掛けているのですね! 5月10日以降、順次大量のワクチンを配布する見込みと厚労省は発表しましたが、これは見込みです。ここに来て俄然、ピッチが上がりました。総務省も地方自治体に7月末までに接種を終わらせるよう再三指示しているみたいです。なんででしょうね? そういえば今秋、衆議院選挙がありますね・・・ 以前、安倍首相の時にも忖度って言葉、話題になりましたが、菅さんの一言も凄いです。

はっきり言って接種が遅れている理由は国がワクチンを早く確保しなかったためです。法に法ってワクチン認可するには時間が掛かる? 安全性が第一? 今、一種の戦争状態でしょう。ワクチンを打つ前の予診票にも無駄な項目が多すぎます。もっと容易に接種できるよう法改正すべきでした。国会議員はなんで超党派でワクチンを巡る法改正せんのや〜

 

さて、当院は先日の予約受付で3ヶ月先までの予約が完了となりました。吹田市の第一次集団接種も予約完了となりました。

すみません・・・兎に角、ワクチンがありません。また、初めてのワクチンであり、アナフィラキシーショックの事ばかりマスコミが取り上げた時期があり、インフルエンザのように接種できません。最近はアナフィラキシー反応の事より、予約したくても予約出来ない事ばかり報道されますが・・・ 因みにこのワクチン、ヨーロッパから随時輸入しますから、もし輸入停止(輸出停止か)となったら、お終いです。

しかし、これで日本の本当の力がどれほどのものであるか知らされました。

当院予約受付終了後、早々から次の接種予約はいつからかと問い合わせを受けますが、吹田市にどれくらいワクチン配給があるのかで異なってきます。吹田市も国からの配給待ちですから将来のことを確約なんてできません。6月中旬に吹田市が第2次の集団接種の予約を図るとのことですので、この頃には当院へのワクチン配給量も明確になると思っています。ただ、次回の予約分は7月をとっくに過ぎた9月以降分ですので、菅首相の謳う7月末まで間に合いません。菅首相の言葉を信じるなら7月中に吹田市の集団接種や大阪府の大型集団接種会場に多量のワクチンが配給されることでしょう。お急ぎの方は集団接種を受けるほうが得策と思います。

2021.05.10 新型コロナワクチン接種の予約(第一次)は終了しました。

あっと言う間でした。今朝(5月10日)受付開始した新型コロナワクチンの接種予約は予定を超えた分まで完了してしまいました。

当初は6月分のみの予定でしたが、当院前ロビーには早朝から予約を求めて大勢の方がお越しになり、急遽、当院で確約できているワクチン数を計算し、7月とお盆休診前の8月分まで予約をさせて戴きました。それでもまだ多くの方が当日の予約ができず帰路に着かれることとなり誠に申し訳ないことでした。ある程度予想はしていたものの、ワクチン接種に期待を寄せる方が多かったということでしょう。当院の処理能力を超えた数の方が起こしになり、当院もパニック状態でした。午前診療の後、予約させて戴いた方々のお名前と2回目接種の予定日、更に当院に配給予定のワクチン数を確認する作業に入りました。終われば午後3時、それから昼食を取るという怒涛の半日でした。

その後も予約したいという問い合わせを途切れなく戴きましたが、手元に入るワクチン数は予約で一杯でお断りせざるを得ませんでした。本当に申し訳ありません。お急ぎの方は吹田市の集団接種(5月9日20時の時点でまだ2880人分の予約が可)のご利用をお願いします。今後のワクチン配給量の目処が立ち次第、新たな予約受付を計ることに致します。

なお、本日の予約申し込み時に予約受付ができず、「コロナワクチン予約整理券」1番〜49番を手渡された方は5月18日(火)から31日(月)の診療時間内に予約の手続きをさせて戴きます本券はあくまで予約されるための整理券ですので、本券では予約完結しておりません。当院にご持参下されば引き換えに正式な「予約日時を記載された接種予約票」をお渡し致します。予約票の引き換え期間を過ぎますと正式な予約ができませんので、その旨ご了解ください。

2021.05.09 5月10日からまず6月分のワクチン接種の予約を受け付けます

IMG_4973

緊急事態宣言は延長されました。重症の新型コロナ感染者をきちんと治療できる医療機関は限られていますから、患者さんが増えてしまったらどうしようもないです。阪大病院など国公立病院のICUを利用するのみならず、国際癌センターまで治療用ベッドを用意しましたが、追っ付きません。やはり感染しても発病を抑えられるワクチン接種に頼るしかないでしょうね。左には主要国のワクチン接種の接種率のグラフを読売新聞から転写させて戴きました。日本は少ない・・・いや、少なすぎる・・・(溜息)

河野担当大臣が9月には終えると言っていたところ、菅総理が7月末までに高齢者の接種をし終えるのだ!と発表しました。焦っておられるのでしょうが、地方自治体にとにかくワクチンをたくさん配る手配がついた?みたいです。

もし本当なら嬉しいですが、ワクチンだけ急に届けられても予防接種する人達の手配はつけてくれたのでしょうか? とにかくワクチンを送ったから3617万人もいる高齢者に2ヶ月以内で2回の接種を終えろ!って言うことです。7000万回の予防注射を60日間で行う・・・全国1日毎に100万回以上の注射です。凄い人海戦術を要しますが、アナフィラキシー反応を心配しながらの接種なのです。自衛隊にもお願いするようですが、彼らの身分保障を憲法ではせず、いつも最後の頼み・・・

 

さて、当院でも個別接種のワクチンを6月7日から開始します。ただ吹田市は集団接種が主体ですので、当院に届けられるワクチン本数は僅かです。毎月60人程度しか接種できません。皆さんの期待に応えられず申し訳ありませんが、集団接種会場に出向くことが難しい方々を対象にしているから止むを得ません5月10日(月)からその予約を開始します。取り敢えず6月分の予約ですが、今後もワクチンが届けられる限り当院での接種は続くと思います。ただ集団接種に比べ圧倒的に少ない接種回数です。吹田市の集団接種は今回だけでも18000人分以上用意されていますが、5月8日の時点でまだ4割しか予約できていません。まだ9000人分以上の空きがありますもし接種をお急ぎの方は吹田市の集団接種をお勧めします。当院も接種を続けますので、7月以降の予約は後日となりますが、早々にご連絡致します。