なかむら内科へのお問い合せ

TEL:06-6873-7751 FAX:06-6873-7752

予約制ではありません。
受付順に診察をしています。

時間 日・祝
9:00~12:00
16:00~18:30

●受付時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~18:30

●休診日
木曜日・土曜午後
日曜日・祝日

●所在地
〒565-0874
大阪府吹田市古江台4-2-60
千里ノルテビル305
(北千里医療ビル3F)

お知らせ

2023.01.01 新年を迎えて思ったこと

明けましておめでとうございます。

「年越して元旦を迎えておめでとう」ん? 何でやろう? ふと、そう思いました。小生、今年で6度目の年男となり、もうこれ以上、歳取りたくない!!! 年越してめでたくも何ともない・・・ 

一年365日って、単に地球が太陽の周りをちょうど一回転し(正確には微妙にズレがあり、その結果、閏年が造られたそうですが)元の位置に戻ってきただけやないの? 1年経って元に戻ってきたことは一つの節目ではありますが、何で祝うんでしょうね?

 

考えてみました。

昔はこんなに易々と年を越せなかった・・・ 結核を初めとする感染症(疫病)、飢饉そして戦さ。これらが、ほんの少し昔までは私たちの身の周りに絶えずありました。滝廉太郎、樋口一葉、石川啄木、高杉晋作らは30歳を待たずして死去されています。江戸時代の平均寿命(推定)32〜44歳、明治時代44歳、大正時代43歳だったそうです(いろは出版:寿命図鑑から引用)

昔の人の人生は短かったんや〜!

こんなに短い人生なら一年一年歳を越すのは大変だったと思われます。だから大晦日・元旦という節目に際し、「昨年一年無事生き延びられた。有り難いことです、また今年も無事過ごせますように」という想いが強かったんでしょうね。

一方、今は2022年で、男:81.47 歳、女:87.57歳とまあ、明治大正の人達の2倍長生きしています! 凄いことです。医学と衛生環境の進歩、そして飢饉からの脱出、戦争のない世界が寿命を伸ばしてきました。有り難いことです。

その一方、この地球のあちこちで戦争や内戦があり、劣悪な生活環境と飢えに苦しむ人達が大勢いることも事実です。新型コロナも収まっていません。何とかならへんものか? もどかしい思いがします。そして小生、数え72歳になったことを素直に感謝したいです。

皆様にとって今年も恙なく平々凡々で穏やかな年でありますよう心からお祈り申し上げます。

2022.12.16 12月28日(水)午後から1月5日(木)まで休診致します。

IMG_0878

寒くなりました。今朝、起床時の外気温は3℃でした。新型コロナも減りません・・・でも先日、この寒い中、箕面の滝の川道は紅葉を観に来る人でごった返ししていました。しかも紅葉のもっとも綺麗なのはお料理屋さんの木でしたね。流石に手入れされている(左の写真)。

 

さて、年末年始の休診の案内です。

以前にこのお知らせの中で書いていたのですが、ワクチン案内の記事に埋れて目立ちませんでした。申し訳ありません。

2022.11.19 1月分の新型コロナワクチン接種、予約受付いたします。

いや〜、ホンマに大変ですわ。次々と「うちに接種券が届いた。早速、予約したい」という方々が来院・電話連絡して来られます。窓口で予約対応している間も2回線ある電話が鳴りっぱなしです。市からの接種券が一斉に投函されたでしょうから、該当される方々の家には一斉に届きます。券が届いたら一斉に予約連絡して来られますから、もうそれはパニックです。これからは、小さな診療所もコンピュータ使った予約システムを導入せんとあきまへんな。しかし、来春からマイナンバーカードを使った顔認証型オンライン資格確認システムが本格的に強制的に始まります(本当はすでに始まっていますが、全く普及していません)、これ以上、パソコンやオンライン回線を増やすことなんて出来ません。

止む無く、従来通り、スタッフが手作業で予約の段取りを立てています。まどろっこしいでしょうが皆様、ご理解ください。

 

さて、12月22日(木)に予定した集団ワクチン接種の予約もたった2日間でほぼ埋まってしまいました。焼け石に水状態です。で、1月分の接種の予約を開始することにしました。少し先の接種となりますが、ご了承くださいね。

2022.11.18 新型コロナワクチンを12月22日(木)集団接種で行います

IMG_0803

IMG_0806

いや、大変なことになりました。前回、お知らせした新型コロナワクチン接種の予約のことです。これまでは前回から5ヶ月経過してワクチン接種だったのに、急に3ヶ月経過していたら接種して構わないとなりました。第8波を迎えるにあたり接種を急いでいるのでしょう。おかげで、本来なら6月以前に接種した人だけが今月申込みに来られるのに、7月、8月接種した人も同時に申込みに来られたのですから、現場は混雑します。「接種券が今日届いたのに、なかむら内科では12月分まで予約一杯になったってどういうことだ!」ってお叱りの電話を受けるのですが、我々も訴えたいです。少ないワクチン量に向けて想定外の人が予約に押し寄せたのですから、まるで韓国梨泰院の雑踏と同じです。接種する現場のことも少しは考えて接種期日を少しずつ解除して欲しいです。

さて、早速、ワクチンの追加発注を掛けましたなんとか12月22日(木)にまとめて多くの方を接種できるよう段取りを立てました。この日で宜しければお申し込み下さい。

 

先日、兵庫県立美術館で開催中のボストン美術館所蔵の刀剣x浮世絵展に行ってきました。小生の入場券にはなんと70歳以上!とハンコが押され割引でした。こんなところで優遇されるとはなあ・・・ 左の写真は坂田の金時(金太郎)が発熱疾患の元凶(土蜘蛛)を退治しているところの浮世絵です。金太郎さん、新型コロナもやっつけてくれへんかな・・・

2022.11.11 12月分の新型コロナワクチン接種の予約、満杯になってしまいました

秋も11月半ばに差し掛かりました。この界隈の紅葉、綺麗です。

でも、今回はうっとりするような写真は出せません。只今、急いでこのお知らせを書いているところです。

 

新型コロナワクチン接種、3−4回目の後は5ヶ月経てから次の接種するとされていたのが、急遽、10月22日付けで3ヶ月後から接種可能に変更されました。このためか、これまでなら次の接種までまだ1−2月の余裕のある方も3ヶ月経過したためこの度のワクチン接種の適応対象になってしまいました。昨日、本日の2日間に大勢の方が申し込みに来られ、電話して来られました。おかげで予定していたワクチン接種12月分の全てが予約で満杯になってしまいました。

早急に1月分のワクチンの発注を掛け、予約を再開したいと考えていますので、ご了承ください。

1 / 1912345...10...最後 »