なかむら内科へのお問い合せ

TEL:06-6873-7751 FAX:06-6873-7752

予約制ではありません。
受付順に診察をしています。

時間 日・祝
9:00~12:00
16:00~19:00

●受付時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00

●休診日
木曜日・土曜午後
日曜日・祝日

●所在地
〒565-0874
大阪府吹田市古江台4-2-60
千里ノルテビル305
(北千里医療ビル3F)

お知らせ

2021.02.08 新型コロナワクチン接種って、本当に怖いの?

IMG_4297

ちょうど中国武漢で謎の肺炎を起こす感染症が表沙汰になって1年が経ちました。この1年間を振り返って見て、「あれっ、この1年間何をしてきたんだろう?」と思ってしまいます。何から何まで自粛続きで、診療所で仕事していたことしか思い出せません。この先もこんな生活が続くのかと思うと暗い気持ちになります。そして、この状態から脱出するにはやはりワクチン接種しか方法ないのだろうなと思っています。

ところが、いざワクチン接種が今春から始まるよと報道されだすと、なぜか予防接種を躊躇っておられる方が少なからずおられます。

何故でしょうね?

確かに今までにないウイルスの予防接種ですよね。未知数の部分がまだあり、打って大丈夫かという不安感はあります。また、マスコミで、接種した後にアナフィラキシーショックを起こしたというアメリカの看護師のインタビュー画像が度々流されました。インパクトありましたね。あんなの見たら不安いっぱいになります。でも、筋肉注射を受けている時も痛そうな表情をせず、その後も普段通りの生活をしている多くの人達の姿は報道されませんでした。不公平です〜。マスコミはなんで例外的な人ばかり繰り返し報道するのでしょうね。なんで多くの人の経験談を報道しないんでしょう? きっとマスコミは多くの人達の意見には興味ないんだと思います。

さて、アメリカ疾病対策センターが発表したワクチンのアナフィラキシーショックの頻度と、日本の抗生物質や検査用造影剤での頻度を記します。

100万人当たり、ファイザー製ワクチン:5人、モデルナ製:2.8人インフルエンザワクチン:1.4人、ちなみに抗生剤はなんと370人以上(種類により異なります)、造影剤では重篤例:40人と言われています。あれだけ新型コロナワクチンは怖いかも!と煽っておきながら、普段、受ける抗生物質の点滴や造影CTの怖さについては比較しません。食物アレルギーでアナフィラキシーを起こし死に至る確率も100万人当たり13.5~27人とされていますから、新型コロナワクチンが起こすショックは決して多くはないと思います。

アナフィラキシーショックはワクチン接種後、20~30分以内に起こり、その対処方法は抗生剤や食物アレルギーでのショックと同じです。これらを考えると、ワクチンに対する不安は少しは軽くなると思います。

この正月、他に行くところもなく、いつもの箕面の滝まで往復5.6Kmの散歩に出かけました。散歩道に沿って流れる清流でまさかの山椒魚を見つけました。山椒魚ですよ! 動いています!初めて見た〜