なかむら内科へのお問い合せ

TEL:06-6873-7751 FAX:06-6873-7752

予約制ではありません。
受付順に診察をしています。

時間 日・祝
9:00~12:00
16:00~19:00

●受付時間
午前 9:00~12:00
午後 16:00~19:00

●休診日
木曜日・土曜午後
日曜日・祝日

●所在地
〒565-0874
大阪府吹田市古江台4-2-60
千里ノルテビル305
(北千里医療ビル3F)

お知らせ

2021.05.13 今後の当院ワクチン接種の予定と最近、思うこと

先日の5月10日は当院を含む全国のあちこちでワクチン接種の予約受付がなされましたが、どこも僅かな予約数を求めて大混乱だったようです。待ちに待ったワクチン接種予約開始でしたが、肝心なワクチンそのものが圧倒的に少なく、かえって高齢者の方々の不満が募っただけでした。情けない話ですが当然の成り行きだったと思います。

菅首相は7月末までに3600万人おられる高齢者の接種を完了させると壮大なアドバルーンを上げました。なんと2ヶ月間でです。480万人いる医療従事者のワクチン接種が今年2月17日からスタートしたのですが、3ヶ月も経った今、まだ大阪府では1回目ですら39%しか接種できていません。当院スタッフもまだです。なぜならワクチンの配給が圧倒的に少ないからです。接種を受けやすい環境にいる私たちですら接種をまだ受けていないのに、5月から高齢者の接種を開始し7月に終えるなんて、どんな魔法を使うのか本当に気になります。

なるほど!厚労省健康局健康課予防接種室が6日、各都道府県衛生主菅部宛てに「5月から始まる高齢者の接種にワクチンが届かない場合があり、その場合は医療従事者用に配送されたワクチンを一時的に融通することも検討するよう」通達が出されていました。ふ〜ん、菅首相がアドバルーンを上げた手前、医療従事者への接種を遅らせてでも高齢者接種が5月から円滑に進むよう市町村に圧力を掛けているのですね! 5月10日以降、順次大量のワクチンを配布する見込みと厚労省は発表しましたが、これは見込みです。ここに来て俄然、ピッチが上がりました。総務省も地方自治体に7月末までに接種を終わらせるよう再三指示しているみたいです。なんででしょうね? そういえば今秋、衆議院選挙がありますね・・・ 以前、安倍首相の時にも忖度って言葉、話題になりましたが、菅さんの一言も凄いです。

はっきり言って接種が遅れている理由は国がワクチンを早く確保しなかったためです。法に法ってワクチン認可するには時間が掛かる? 安全性が第一? 今、一種の戦争状態でしょう。ワクチンを打つ前の予診票にも無駄な項目が多すぎます。もっと容易に接種できるよう法改正すべきでした。国会議員はなんで超党派でワクチンを巡る法改正せんのや〜

 

さて、当院は先日の予約受付で3ヶ月先までの予約が完了となりました。吹田市の第一次集団接種も予約完了となりました。

すみません・・・兎に角、ワクチンがありません。また、初めてのワクチンであり、アナフィラキシーショックの事ばかりマスコミが取り上げた時期があり、インフルエンザのように接種できません。最近はアナフィラキシー反応の事より、予約したくても予約出来ない事ばかり報道されますが・・・ 因みにこのワクチン、ヨーロッパから随時輸入しますから、もし輸入停止(輸出停止か)となったら、お終いです。

しかし、これで日本の本当の力がどれほどのものであるか知らされました。

当院予約受付終了後、早々から次の接種予約はいつからかと問い合わせを受けますが、吹田市にどれくらいワクチン配給があるのかで異なってきます。吹田市も国からの配給待ちですから将来のことを確約なんてできません。6月中旬に吹田市が第2次の集団接種の予約を図るとのことですので、この頃には当院へのワクチン配給量も明確になると思っています。ただ、次回の予約分は7月をとっくに過ぎた9月以降分ですので、菅首相の謳う7月末まで間に合いません。菅首相の言葉を信じるなら7月中に吹田市の集団接種や大阪府の大型集団接種会場に多量のワクチンが配給されることでしょう。お急ぎの方は集団接種を受けるほうが得策と思います。